2052年、性教育。少子化と性政策

無料立ち読みおすすめ作品

眠るあの子にハメてみた。

2052年、性教育。少子化と性政策|光クラブ

iPhone / android / tablet 端末対応

au / docomo /softbank

月額324円〜〜

 

 

2052年、性教育。少子化と性政策あらすじ

2052年、性教育。少子化と性政策〜2051年に政府が施行した「正しい性教育の充実」と言う教育方針は国内外からものすごい反響があった。しかもその多くの反応が好意的なもので少子化に悩むこの国では新性教育は停滞する経済発展にも効果が期待出来るとあって、セックスはもっとオープンであるべきで良い事であり、コミニュケーションを計り、セックスを通じて人生の豊かさを知る事が社会に広がっていき、2052年には性教育は日常的に行われる必修科目となって行くのである。

 

あの娘のアソコに思い切り、チ〇こを挿れたら、どれだけキモチいいんだろう?
新しい性教育はしっかりと少年、少女達の好奇心を刺激してセックスの大切さを育んで行く!

 

 

作品情報

作者

光クラブ

タイトル

2052年、性教育。少子化と性政策

ジャンル

妄想系/過激系

配信コミックサイト

まんが王国

価格

【月額324円〜】

キャリア公式サイトだから安心!

まんが王国はau・Softbank・Docomoの支払が利用でき、安心してご利用できる公式サイトです。

 

 

レビュー

2052年、性教育。少子化と性政策は近未来の日本で新しい性教育方針の施行を元により開放された男女性交渉を促進して少子化問題を解決していこう!というお話で2051年からの続編となります。

 

今回も小さいお友達が相手の性教育となるわけです。
あくまで教育なので男女共に興味津々なのがなんだか微笑ましいです。

 

大人のおもちゃを使っての授業だったり、理科室で大好きなあの娘にイタズラして幼いあの子のアソコをいじっていると快楽に目覚めていく美少女が潮吹きしてしまうなんて、なんと良い教育だ!と思ってしまいました。

 

これなら少子化問題も解決に向かう事間違いないなと。コミニュケーションツールとしてセックスが定着していく日本に僕も暮らしたいです!

 

 

 

PICK UP!

トップへ戻る